ミノキシジル

男性の脱毛症に良く見られるものに、男性型脱毛症や壮年型脱毛症という生理的現象があります。
男性型脱毛症は、男性ホルモンの影響でおこるとされ、前髪の生え際が後退したり、頭頂部が薄くなり、範囲も広がっていく症状で、気が付かないほどゆっくり悪化します。
そして、壮年型脱毛症というのは、青年期から壮年期という早い時期に脱毛が始まる脱毛症で、髪が無くなってしまう人もいます。

どちらの脱毛症も、遺伝や男性ホルモンに関係しているといいますので、男性のための育毛剤はそこを解消するための成分が用いられているのです。
男性向け育毛剤の有効成分として含有しているもので、最も認知度が高いのは「ミノキシジル」です。
「ミノキシジル」は頭頂部にあらわれる脱毛症の症状に効き目があるという成分で、生え際などの部分には充分な効果が与えられるわけではないと言われています。
「ミノキシジル」はアメリカで認められた成分であり、「ロゲイン」や「リアップ」といったような育毛剤に主に用いられています。

そもそも「ミノキシジル」は高血圧治療に使用されていた成分なのですが、薄毛の改善効果が得られるという思わぬ出来事が発生したため、育毛剤として使われるようになったと言われています。
このことから、育毛効果がもたらされる反面、低血圧などの症状が出たり、心臓や血管といった器官に副作用を引き起こすことでも知られています。
この他、育毛剤の成分の中で世間に浸透しているのがプロペシアという名前の成分です。
これもアメリカの製薬会社が育毛剤として生み出し、認可を受けたもので、多くの国々で導入されている成分です。
プロペシアはもともと前立腺がんなどの治療薬ですが、治療途中で発毛効果がみられたことで開発されました。
「プロペシア」は「ミノキシジル」と比較すると軽い副作用で済むと示されていますが、女性となると話は別で、身体に大きな悪影響を及ぼすリスクがあるので、使用不可能となっています。

ニキビ薬というかスキンケアですね。アクネケアっていうのかな。プロアクとか草花木果とか有名どころはやっぱり人気だ。
Copyright © 2009 くせ毛・縮毛の改善にはヘアアイロンが一番効果があった All Rights Reserved.